iPhoneXの画面を守る保護アイテム

iPhoneXはタッチ操作が売りで、ほぼ全ての操作を画面タッチによるフリック入力で行います。

iPhoneXを使うときは常に画面にタッチしているので、画面に傷が出来ないように注意しながら使っている人も多いはずです。

iPhoneXの液晶画面は繊細で、傷に強いというわけではありません。
爪を立ててしまったり、かばんの中で他の持ち物に触れると簡単に傷が付いてしまいます。

そういった頻繁に出来てしまう傷から画面を守るには、液晶保護フィルムや保護ガラスといったアイテムを使用すると良いでしょう。



保護フィルムや保護ガラスは、画面とほぼ同じサイズの透明なシートで、直接画面に貼り付けることで画面が傷つくことを防いでくれます。


液晶保護フィルムのメリットは価格の安さです。



1枚1000円以下で販売されていることも多く、どこでも購入できます。


フィルムの表面はなめらかで、タッチ操作をする際に指の滑りが良く誤操作が減るのも特徴です。

さらに、非常に薄く柔らかいため、フィルムを貼る前と張った後で本体サイズがほとんど変わりません。
そのため、本体に密着するタイプの保護カバーと併用することも可能です。

液晶保護ガラスはその名の通りガラス製で、非常に固く厚いです。厚みが増えるためカバーによっては装着できないものもありますが、保護ガラスの魅力はひっかき傷への強さです。

保護フィルムは柔らかいためひっかき傷への耐性は低いのですが、保護ガラスなら爪でひっかいても傷は付きません。



自分の使い方に合わせ、最適なアイテムでiPhoneXの画面を守りましょう。


自宅には、様々な家電があり、多くの製品で遠隔操作を行えるようにリモコンが用意されています。

しかし、家電製品毎にリモコンが存在していますと、リモコンがどの製品の為の物かが分からなくなる事が多々あります。

そこで、よりリモコンを便利にする為に、iPhoneXで操作出来るようにリモコンを集約してしまうのが良いです。

iPhoneXをリモコン化する方法は、家電製品のリモコンの機能を学習出来る機能を持ったアダプタの購入が必要です。
コンパクトな端末ですので、邪魔にならずに、家中にあるリモコンを一つにまとめる事が出来る優れた機能があります。

リモコンの機能を学習させていく作業が必要ですが、一度設定を行えば、設定ファイルをエクスポートしてバックアップしたり出来ますので、非常に使い勝手が良くなります。
このアダプタをWi-Fiルータに接続しておく事で、Wi-Fi経由でiPhoneXからリモコン操作が出来る環境が構築出来ます。
学習出来るリモコンの機能は非常に幅広く、信号さえ対応していれば、様々な家電製品の操作を行えます。外出先からも操作出来るように設定出来ますので、外出先からリモコン操作を行いたい人々には重宝するでしょう。

アダプタにアクセス出来るようにするには、iPhoneXに専用のアプリをインストールさせる必要がありますので、説明書などの指示に従って設定を行っておくのが良いです。

iPhoneXは、アプリ次第で多彩な機能を搭載出来ます。