活性酸素による美白効果について

活性酸素は美白にとって大きな影響を与えるものです。

活性酸素は別名フリーラジカルと呼ばれていて、体を活性化させるものではなく酸素自体が活性化してからだに傷をつけてしまう酸素のことです。美肌、美白になりたい方は紫外線に当たらないと聞きますが、まさにその通りです。紫外線は美白の天敵と呼ばれる理由が、ただ単にそばかすやしみをつくってしまうだけでなく、皮膚に深いしわが入り込んでしまいます。本当に最悪な場合は皮膚がんになってしまいます。

そしてこの紫外線が皮膚に当たることで、その部分に活性酸素(フリーラジカル)が発生して、細胞を酸化させてしまいます。細胞が酸化してしまうと、細胞自体が死んだり、元々持っている機能がまったく働かなくなることが証明されています。そうならないようにメラニン色素と呼ばれるものが機能します。紫外線から生まれる活性酸素はそばかすやしみが出来るだけでなく、皮膚の老化が進みます。

美白に大事なコラーゲンが酸化されると、ひも状の繊維がからみ空い、数が減ってしまい肌からハリを奪います。また、エラスチンというコラーゲン同士を結びつける働きがあるタンパク質が、肌に弾力や伸縮をもたらしています。これも酸化してしまうと皮膚にたるみが表れ、弾力を失い、しわが出来てしまいます。活性酸素は自分の体の至るところで絶え間なく発生しているので、抗酸化力をつけていく必要があります。美白のためにまず第一に始めることは紫外線に極力当たらないことから始めることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *