美容クリニックとエステの違い

美容クリニックとエステには効果に大きな違いがあります。

美容のために行われる施術には皮膚にダメージを与えるものが多く、失敗すると肌荒れや火傷などのトラブルになります。そのため、これらの施術は本来は医療行為とされており、医療機関以外では行えません。エステでは医療行為ではなく、肌の状態を整えるという名目で施術を行うため、美容クリニックと同じ原理の施術を行う場合でも皮膚に与えるダメージが少なくなるようにしています。

安全性は高くなりますが、効果が低くなり、ほとんど効果を得られないようなこともあります。例えば、シミやシワの治療を行うピーリングでは皮膚に酸性の薬剤を塗って角質を剥がれやすくし、ターンオーバーを促進させます。エステでは弱い薬剤しか使用できないため、軽い症状しか改善できません。美容クリニックでは症状に合わせて薬剤の強さを変えるため、重い症状にも効果があります。また、薬剤を使うケミカルピーリングで効果が得られない場合、レーザーを使用するなど、施術方法も多いです。

ただし、効果が高くなると同時に皮膚のダメージも大きくなるため、腫れや赤みが出て、しばらくはガーゼを当てなければならないようなこともあります。脱毛に関しても同様で、エステも美容クリニックも光を使う脱毛がありますが、エステでは出力の低い装置しか使えないため効果が弱くなり、脱毛にかかる期間が長くなります。このような違いから、効果が弱くても皮膚のダメージを抑えたい場合はエステの方が良いですが、確実に効果を得たい場合は美容クリニックを利用するのが適切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *