ワキガ治療と症状の緩和について

ワキガは治療を行った方が良い場合と、制汗スプレーや消毒液を利用して緩和をした方が良い場合が在ると言います。

治療を受ける場合は、手術による治療法が最も再発が起き難く効果が在ると言います。しかし、ワキガは症状の度合いによっては手術を行っても効果が期待出来ない場合も在ると言われているのです。アポクリン腺から分泌された汗が皮膚に付着している雑菌と混ざり、それが分解が進む事で腋臭となって現れるのが特徴で、カウンセリングを受ける時には脇の下にガーゼを当てがって臭いの度合いを調べます。

軽度の症状の場合は、ガーゼに付着した臭いが弱いため、手術をしても効果が在ったのかどうかを確認することが出来ないなどの理由からも、診察の段階で手術をするのではなく、症状を緩和させる方法が推奨されることも在ると言います。制汗スプレーはワキガの原因となるアポクリン腺や多汗症の原因となるエクリン腺からの汗の量をコントロールしてくれる作用が在ると言われています。

また、消毒液を利用して脇の下を綺麗な状態に保つことで雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。更に、脇の下に生えている毛を剃る事で雑菌の繁殖を防ぎ、常に衛生的な状態を保てるなど、これらの方法で症状を緩和させれば、メスを使って皮膚を切開する必要が有りませんし、傷痕も残りません。

更に手術を受けた結果症状があまり変わらないと言った軽度の症状の場合などでは、このような方法で緩和するのが良いとも言われているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *