ワキガの治療について

ワキガとは、別名を腋臭症と呼び、脇にあるアポクリン腺から分泌される臭いを強く発する症状を指します。

臭いは言葉で表すことが難しいですが、香辛料のような、汗臭さとは違った臭いがすることが特徴です。ワキガ体質の特徴としては、耳垢が湿っていたり、汗によってTシャツの脇の部分が黄ばんでしまったり、両親のどちらかがワキガ体質であったり、いくつかあります。

臭いは他人へ不快感を与える原因になりますので、治したいと悩んでいる方も多いでしょう。治療には、いくつか方法があります。1番手軽な治療は、ボトックス注射です。メリットとしては手軽に受けられることと、保険も適用されるようになったため、安価に治療ができます。

しかしながら重度の症状の方には不向きです。次にレーザーによる治療です。これは脇にあるアポクリン腺にレーザーを当てることでアポクリン腺の機能を消滅させる効果があります。しかし、重度の場合は再発してしまう可能性がありますので注意が必要です。重度の症状を持っている方へは、手術により直接の原因であるアポクリン腺を除去することです。これは、傷痕が残る可能性があるというデメリットはありますが、原因を直接除去する方法ですので、効果は1番得られる方法です。

価格は少々高いですが、ワキガに悩んでいる人にとっては受けるべき治療方法です。ワキガの人は、多汗症を併発していることも多いですので、手術をすることで両方に対して改善の効果が得ることが期待できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *