ワキガのさまざまな治療法について

ワキガは、わきの下などで強い不快なにおいを発生してしまう症状です。

わきなどにあるアポクリン腺という汗腺から出てくる汗が主な原因であり、アポクリン腺の働きをなくすことやアポクリン腺を取り除くことで治すことができます。ワキガの原因であるアポクリン腺を除去する方法には、電気凝固法や、ボトックス注射による治療などがあります。電気凝固法は、エステティックサロンなどで行うことができます。

エステティックサロンで永久脱毛する際に治療できる方法であり、多くの人が行っています。電気凝固法では、わき毛のある毛穴に極細の針を挿入して、針から高周波電流を流し、毛根などの細胞や皮脂を熱で凝固させることで行います。アポクリン腺自体を取り除くことができませんが、アポクリン腺の機能をなくしたり、弱めたりすることができるため、効果的な治療ができます。

電気を通電する時間を長くしたり、挿入する針を長くすることなどで、より効果を発揮することができるため、多くのエステティックサロンで導入されています。ボトックス注射による治療法は、ボツリヌス菌の毒を無毒化したボトックスをわきなどに注入することで治して行く方法です。このことで、アポクリン汗腺などから汗を分泌しにくくする効果があり、ワキガのにおいを軽減することができます。

ボトックス注射の効果は、半年ほど持続するため、定期的にクリニックに通うことで、においを抑えることができます。注射をするだけで治せるため、短時間で簡単に治療することができ、多くの人が行っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *