ワキガの保険治療と自由診療のメリットとデメリット

海外ではフェロモンといわれるワキガも日本では悩みを抱えている方が多くいます。

ワキガを気にすることで対人関係等に積極的になる事が出来ない場合もあります。病院での外科的手術を含めた治療方法を挙げていきますので、悩みを解決する為にもみていきましょう。私達の体には、アポクリン腺とエクリン腺の2つの汗腺があり、ワキガはアポクリン腺から出る汗が原因です。アポクリン腺は脇の下や耳の中、陰部等にしかない感染です。アポクリン腺から出る汗にはタンパク質や脂質、脂質、アンモニア、鉄等の成分が含まれています。

この汗を皮膚にいる雑菌が分解することでワキガの臭いになります。これに対して、汗をかいた時に汗臭いと感じるのはエクリン腺から出る汗です。エクリン腺から出る汗の成分の殆どが水分で残りは塩分などとなっています。エクリン腺からでた直後の汗は無臭ですが雑菌が繁殖すると汗臭いと感じます。ワキガの治療の剪除法は一般的によく行われている手術です。

脇の下をメスで切開して皮膚を裏返し、ブツブツしたアポクリン腺を1つずつハサミで取り除いていきます。医師が1つずつ目視で確かめながら取り除くので治療効果が高いといわれています。治療費用は健康保険が適用され、負担が軽く済みます。デメリットはメスを使うので脇の下に傷口が他の施術より大きくなってしまうことです。傷口が小さくすむ方法としてレーザー光線で汗腺を焼いて壊す施術や吸引管で吸い出す施術があります。

しかし、医師が目視で取り除くことができないので、アポクリン腺が残ってします場合があります。また、マイクロ波による施術はメスは使わないので傷口は出来ませんが、医師が焼ききれないアポクリン腺が残ってしまう場合があります。剪除法以外の治療方法は全て自由診療となりますので負担が増えます。病院での施術を検討する場合は医師と相談して自分にあった方法を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *