症状によって違うワキガ治療、種類が多いので相談を

ワキガは病気ではなく体質です。

人間の汗は大きく分けて、2つの汗腺から出ていますが、一つはエクリン汗腺、もう一つはアポクリン汗腺です。エクリン汗腺は、サラサラした水のような汗ですが、アポクリン汗腺は脂肪分を含んでベタベタとした水です。このアポクリン汗腺から出る汗に、体に付着している常在菌と交じり合うことで、ニオイを発して、それがワキガです。

要するに、アポクリン汗腺からの汗が多い方、その汗の成分が常在菌と交じり合うことで、ニオイを発しやすい成分が多いということになります。その原因は、いろいろで体質だからといってしまうこともできますが、親からの遺伝、脂肪分の多い食事、ホルモンバランスの乱れなど、様々な要因があります。ワキガ治療は、種類も多く、注射、外用薬、超音波などがありますが、昔から行なわれているのは、アポクリン汗腺そのものをとってしまう剪除法という手術です。

要するにワキガの原因であるアポクリン汗腺をなくしてしまうことで、元から絶ってしまおうというものですが、傷が残ったり、術後の調子が良くないなどの批判もありますが、効果はあります。そのほか超音波などの治療では、汗腺の働きをシャットアウトさせてしまうもの、注射で一時的に機能を麻痺させてしまうなど、様々な治療が行なわれています。

自身のケアとして普段から清潔にしている、脂肪分の多い食材は口にしない、デオドラント製品の使用などがありますが、本気出治したい方は、医師に相談をして、治療法について尋ねてみると良いでしょう。
大阪のわきがと多汗症の治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *