ワキガの治療方法と種類

ワキガは腋臭症というれっきとした病気で、しかも、生まれつき体の機能において普通の人よりアポクリン腺という汗腺が多く、思春期以降、アポクリン腺から分泌される汗や皮脂が強烈なニオイとなって放たれ、周囲には強烈ニオイを放っても自身はほとんど気付かないといったもので、人間関係のトラブルにまで発展する重大な症状でもあります。

体温上昇を抑えるために分泌される汗ですが、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があり、アポクリン腺から分泌される汗は、脇の下や耳、乳輪や陰部に存在する汗腺であり、そこから分泌される成分の70%から80%の水分と、タンパク質、脂質、アンモニアなどが含まれています。

一方、エクリン腺から分泌される汗は、99%が水分で1%中にナトリウムやカリウムが含まれています。ワキガのメカニズムは、アポクリン腺からの汗が、出ることで、皮脂であるタンパク質や脂質がアンモニアと結合し、時間の経過と共に体温で細菌が増殖し、次第に強烈なニオイなります。

アポクリン腺が多く存在する人で、分泌量が多いことから、ニオイが強くなることでワキガと決まるのです。この治療方法として、薬や消毒などで行う方法もありますが、一時的に治まることはあっても完治とはなりません。

現在、多く行われる治療としてレーザーによる治療があり、アポクリン腺をレーザーにより消失させます。また、アポクリン腺そのものを取り除く外科手術もあり、これらの方法であれば半永久的に効果があります。
梅田で評判のわきが治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *