普通の端末に加えてiPhoneXを買い足す利点

最近はスマートフォンを二台以上、携帯する人々が多くなってきました。


一見、不思議な使い方に感じるかもしれません。

しかし、二台以上端末を所有する事には、メリットがあります。

まず第一にOSが異なる製品を複数台持つ事で、ビジネスとプライベートシーンを分けられるメリットが得られるのです。


会社用の端末、プライベートシーン用のiPhoneX、そういった具合にOSで区別しておけば、それぞれの情報が混在する恐れが無くなります。プレゼン中に誤ってスマートフォンやタブレットに保存していた、プライベートな動画や写真がプロジェクタに映し出されてしまった、そんなトラブルが昨今、相次いでいます。

会社用の端末をプライベート用に流用しては色々とトラブルのもとですから、個人的にスマートフォンを使うなら、iPhoneXを新しく用意しましょう。続いて複数台スマートフォンを持つ第二のメリットですが、作業用と試聴用を分けられる利点があります。例えば、動画やゲームに強いiPhoneXならコンテンツを試聴する端末として最適です。



ネットサーフィン等はパソコンや一般的なスマートフォンでもサクサク出来ますが、高画質な動画やCPUの性能が必要なゲームアプリは高性能な端末が要ります。

iPhoneX(テン)の新機能に興味はありますか。

一つのスマートフォンであれこれ作業をしてしまうと、どっちつかずの状態になるばかり、そこに新しくiPhoneXを用意すれば、手元のスマートフォンでネット検索しながら、二台目のiPhoneXで好きなゲームや動画を試聴する、といったマルチな使い方が愉しめるのです。


iPhoneXは5SからNTTドコモも販売に加わったことで大量の中古端末が販売されるようになりました。


そのため、現在国内で販売された端末の中古はNTTドコモが5SからAUが4Sからソフトバンクは3Gから選べるようになっています。また、5SからはアップルストアでSIMロックが無い端末も販売されており、海外で利用したい方を中心に選ばれることが多いようです。iPhoneXの中古を選ぶ際にはバッテリーとOSで選ぶと良いです。


iPhoneXのバッテリーは比較的古くても使えると言われていますが、それでも販売されてから4,5年経っている4S以前のモデルはオススメできません。
3.5インチという小ささが重要な場合にはせめて4Sを選ぶことが良いです。

また、大きさを気にしないならiPhoneX5以降のモデルがオススメです。

MVNOを考慮するならNTTドコモ製の5Cもしくは5Sが市場に販売数が多いことから中古価格もこなれてきています。
また、通信キャリアが同じならAU、ソフトバンク製の中古端末も魅力的です。
ただし、MVNOで利用する際にはどの通信キャリアを使っているかが重要で、NTTドコモ系のMVNOならAUやソフトバンクの端末は利用できないことが多いです。

また、AUの場合MVNOでの利用もありますが、iPhoneXは対象外になっている場合がありますので事前に使える華道家のチェックが必要です。

ソフトバンク系は今のところMVNOで使えないと考えておくべきです通話機能や電子メール機能が優秀であるスマートフォンのiPhoneXには、カメラ機能が搭載されていますので、写真撮影や動画撮影に重宝します。

最近のモデルは、デジタルカメラ並の性能を持っていますので、使い方次第で自主映画を作成する事も可能になっています。


iPhoneXで自主カメラを作成するには、ストーリーを練り上げて演出を工夫する事で、映像作品のオリジナリティを引き出す事が大切になってきます。

映画のような演出をしたい時には、iPhoneXである程度動画を撮影した後に、パソコンなどを使ってエフェクトの追加や不要な部分の編集などを行えば、より魅力的な作品作りを行えるでしょう。


iPhoneXは、アプリをインストールする事で機能を追加していく事が出来ますので、フィルタが充実した動画撮影アプリを使えば、より簡単にオリジナリティのある作品作りを行う事が可能です。

iPhoneXは、コンパクトな筐体ですので持ち運びに便利です。

重たい撮影機器を持ち歩く必要が無く、工夫次第で色々な作品を制作する事が出来ます。

また、完成した作品をネットで公開したい場合には、動画共有サイトにアクセスしてアップロードを行えば、いつでも動画を多くの人々に見せられます。


自主制作を行う場合には、作品のテーマを決めて撮影を進めていくのが効率的です。

ネットとの親和性が高いスマートフォンは、撮影した動画をストレージに保存しておくだけでなく、オンラインストレージやNASにバックアップを取っておく事が出来ます。iPhoneXの液晶保護の方法は大きく分けて3つあります。

1つ目は保護シートを利用することです。

保護シートにはさまざまな機能が追加されていることがありますが、大きく分けると非光沢と光沢タイプに分けられます。



光沢タイプは光の反射も多いため屋外での利用は向きませんが、画像や動画をくっきり移してくれます。

また、非光沢は光の反射を防ぐので特にiPhoneXの液晶のようにギラギラしやすい場合には落ち着いた画像とくっきりした文字で見やすくなると言われています。


この他、フィルムやガラス系の素材に応じて追加機能があります。

追加機能で注目される機能としてはブルーライトカットがあります。

ブルーライトは液晶から発せられる光であり、目を疲れやすくすると言われています。2つ目の保護の仕方はケースを使うことです。

iPhoneX用のケースにはさまざまなタイプがありますが、本体を包むタイプを使えば落下時も比較的液晶にダメージが残りにくいと言われています。

ただし、耐衝撃性の強いケースは厚みが出てしまう場合もあり、デザインなどをよく確認することが大事です。

3つ目はフッ素コートを利用することです。

もともとiPhoneXの液晶は強化ガラスが使われていることもあり、保護自体が必要ないと言われています。
また、厚みがでたり、タッチがしづらくなるのも避けたいという方にはフッ素を利用することで汚れから液晶を守ることができます。

フッ素は作業も簡単なのが嬉しいところです。